ばらばら家族の【塾なし】育児日記

ばらばら家族の【塾なし】育児日記

【塾なし】受験生活!【学歴・資格なし】在宅ライターの家事育児生活を綴ります♪

もぅイライラしない!冬休みの過ごし方

冬休みに入ってもう半分が過ぎようとしています。

子供たちの生活リズムは崩れていませんか?

 

今年春に長期休校があった影響もあって、

今年の2学期はいつもより少し長かったため

冬休みに入ったとたん、

どっと疲れが出てしまったお子さんもいますよね。

という我が家のABっちもそうです(;´∀`)

 

でもこのままの生活を続けるわけにはいきません

休み明けに学校が始まると、

しばらくは子供たちのエンジンがかからず、

授業に集中できない子供がいます。

学校に行くだけで疲れてしまい、

放課後に宿題をするのも億劫になってしまう子も…

 

f:id:B_kachan:20201125142656j:plain

日頃から塾に通っている子供は、

冬期講習などでいつもと変わらない日常ですが、

自宅学習の子供たちはついつい

朝ゆっくりしてしまったり、

なかなか宿題に集中できなかったり、

ゲームやテレビの誘惑(今はネットかな?)で

宿題を開始できない子供すらいるでしょう。

 

大掃除や年賀状、年明けの準備などで忙しい中、

「勉強(宿題)しなさい!」

なんていう声かけはしたくないし、

兄弟げんかは勃発するし、

静かな時間はゲームをしている時だけ。

(いや、今どきゲームしている時間もうるさい?)

  

そこで【塾なし】を続ける上で

長期休み中にいつも私が気をつけているポイント

まとめてみました^^

 

  

今日で2020年も終わり…

ですが、

学校生活では【2020年度】は年明けも続きます。

でもまだ大丈夫!

今からでも心がければ、あと1週間で少しは改善…!

というABっちは、

来週の今頃もう学校が始まってるんですよね…

 

 

今年は冬休みも短ーーーい(/ω\)

 

生活リズムは崩さない

長期休みに入ったら、

翌日はお休みだからと言って子供が夜更かししていませんか?

我が家は平日も休日も、

基本的に起床時間と就寝時間は変えません。

 

夜更かしした翌日に朝寝坊すると、

またその日に寝るのが遅くなり、翌日また朝寝坊。

そしてその夜はまた寝るのが遅くなり…

と悪循環に陥るからです。

 

f:id:B_kachan:20201231092353j:plain

また、できるだけ食事の時間も

毎日ほぼ同じ時間にしています。

 

1日のスケジュールをほぼ同じにすることで、

子供は自由に使える時間がどのくらいあるのかわかるので、

何時に何をするかといった計画を

自分で立てやすくなります^^

 

親が子供の生活スケジュールを組むのではなく、

子供自身に自分のスケジュールを組ませる!

これは、

自分で勉強する子供に共通するポイントです! 

 

長期休みでも朝学習は続ける

現在、小学2年生のABっちは

学校へ行く前に15分ほど朝学習をしています。

起きてすぐは食欲がないため、

朝ご飯前に15分間ほど、

ABっちが好きなドリルをしています。

 

f:id:B_kachan:20201202205136j:plain

冬休みに入ると、

どうしても朝起きてすぐ1日のスタートをきれないのですが、

朝ご飯の前でも後でも、

必ず15分程度朝学習をして、

「今から1日が始まるよ」というスイッチをいれます。

 

ABっちはまだ小2で、

今のところ学習の遅れも感じないので、

朝はがっつり勉強というよりも、

脳トレドリルで「できた!」を積み上げることを

優先しています。

barabarafamily.hatenadiary.com

朝学習の習慣がまだついていない時は、

この「できた」を積み上げることが大切ですよ^^

 

朝からドリルなんてしなくても、

鉛筆を持って何か書くところからのスタートでよいので、

ひらがなをなぞるだけ、迷路をするだけ、

といった簡単なものでOKです^^

朝から鉛筆を持って何かをするのが苦痛なら、

ゲーム機やPCを使った

脳トレや学習に取り組むのもOKです。

朝の15分間を使って、

遊び意外の方法で勉強スイッチを入れましょう。

 

それさえも嫌がる子供だったら、

朝から絵本タイムを持つのもおすすめですよ^^

これなら喜ぶ幼稚園児も多いですよね♪ 

振り返れば、OねーちゃんもABっちも

朝学習の習慣づけは

幼稚園時代の【朝の絵本タイム】でした♪

 

「やりなさい!」ではなく「いつするの?」と声をかける

親が「宿題やりなさい!」といったことに対し、

子供が「今からやろうと思ってたのに!」と

険悪なムードになっているシーンを良く見ますよね(^-^;

 

子供が宿題もせず、朝からずっとゲーム三昧だった時などに、

ついつい「宿題は?」「勉強しなさい!」と

言ってしまいがちですが、

この時に少しだけ言い方を変えて、

「宿題はいつするの?」と聞いてみてください^^

もちろん先ほどの会話の通りなら、

子供は「今からやるよ」となるはずですよね^^

f:id:B_kachan:20201231093248j:plain

遊び始める前にやってしまうのが良い子もいれば、

先にやりたいことをやってしまってから、

少し落ち着いたことろで宿題に取り掛かりたい子もいます。

ABっちがまさしくこの後者。

朝起きたらやりたいことがいっぱいあるので、

休日はまず、それをやってからでないと

遊びたい気持ちが先行して、落ち着いて勉強ができません。

 

どちらが正しいかではなく、

その子にあったやりかたをするのが一番良いので、

「いつするのか」ということを

子供に決めてもらうのが良いですよ^^

 

でも子供の決めた時間が

親にとって都合が悪いこともありますよね。

その時は、

どうしてその時間が親にとって都合が悪いのか、

きちんと理由を説明してお互い丁度良いところで

折り合いをつけることが良いと思います^^

 

頭ごなしに、

「まずはやるべきことを終わらせて…」と話をしてしまうと

一気に勉強時間が嫌になってしまうので、

できるだけ子供に任せた方が良いでしょう。

 

宿題は一気にやらせない

長期休みに入ると、

一気に宿題を終わらせようとする親子がいます。

学校の先生も最近よく言うことですが、

宿題は毎日少しずつやるほうが望ましいです。

 

毎日学校に行っている時は、

学校に行くだけで毎日勉強をする時間がありますが、

長期休みに入ると授業がないため

塾に通っていない子供にとって

自宅学習こそ大切な勉強時間となります。

 

f:id:B_kachan:20201231093133j:plain

宿題を一気に終わらせた後、

宿題以外に自宅学習をするのなら良いのですが、

「宿題終わった(´▽`*)」と遊んでばかりいては、

いざ、学校が再開した時

頭がボケて授業についていけません。

 

ピアノなども、

1日練習をさぼれば元に戻すまでに3日かかる

といいます。

 

短くてもいいから、毎日続けるほうが、

学習面では効果的ですよ^^

 

それでも

年末年始の楽しいイベントや

突然体調を崩して勉強できない日のことも考えてると

宿題の遅れが気になることもあるでしょう。

 

ですので、我が家では

1~2日分先に進めるくらいのペースでやらせています^^

だいたいどの小学校でも

平日分のみ宿題が出ているような感じなので、

最初の土日もそれぞれ1日分進めれば、

自然と数日分先に進めることになります。

余裕を持って宿題を終わらせることができますよ^^

 

1日15分の勉強は休みなし!

お正月くらい…という考えもありますが、

我が家では、

お正月でも簡単にできてしまう内容の自宅学習を

日頃から毎日やっています。

お正月でも休みなし!

は少し誇張した言い方ですが、

たった15分程度の学習なら、お正月でもできますよね^^

ABっちが自宅学習で選んでいるのは、

進研ゼミ 小学生講座 です^^ 

Oねーちゃんは 小3 からのスタートでしたが、

ABっちは可愛いもの好きの小学生男児で、

ものにつられやすい性格から、

こども チャレンジ の流れで 進研ゼミ を続けています、

教科書にそった内容で、毎日算数と国語を勉強するのですが、

両方やっても15分~20分程度で終わるので、

休みの日にもなんなくできてしまうお手軽自宅学習です^^

 

毎日たくさん勉強しなくても、

毎日少しずつ積み上げることで

基礎学力の力がしっかりと定着します。

 

早くからこの習慣をつけていると

本当に後々楽ちんで、

15分の勉強がそのうち1時間、2時間…と

できるようになってきます。

 

逆にいうと、たった15分が続けられないのに、

高校受験前に放課後受験勉強するなんて苦痛でしょ?

なので、

15分で十分な時にしっかりと習慣づけておくことを

おすすめします。

これこそが【塾なし学習】のポイントですよ^^

 

最後に…

今日紹介したことは、冬休みに限らず、

長期休みに私がいつも気をつけているポイントです。

  

急に何かが変わってすぐに楽になるわけではないけれど

続けていくことで

子供たちの日常生活が変わりはじめ、

そしていずれは

親に管理されなくても、

自分たちで考えられる子供に成長します。

なぜならこれらは、

自立している子供たちの親が

みんなやってきた共通のことだから。

その中で、

我が家が取り入れていることを紹介しました^^

 

子供の性格も同じではないので、

すべての子供がこれで上手くいくとは思わないし、

自主的に勉強しない子がダメな子でもない。

それぞれの子供にとって

得意な何かが見つかる長期休みになれば良いですね^^

 

何かひとつでも参考になって、

親御さんが少しでも楽になれば幸いです^^

 

では今日はこの辺で…

 

あなたにも

幸せの種が見つかりますように☆彡