ばらばら家族の【塾なし】育児日記

塾なし楽笑!受験生活

【塾なし】楽笑(らくしょう)生活!【学歴・資格なし】在宅ライターが秘密の育児方法教えます♪

「子供が学校の話をしてくれない…」と悩むあなたへ 親子の会話を増やすコツ5つ

4月に入って、新しい環境にはもう慣れましたか?

子供の新しいクラスの雰囲気や、新しい友達の話など、

保護者としては気になることがいっぱいなのに、

あれこれ聞いても「なかなか話してくれない」という子供もいますね^^

 

もともとあまりおしゃべりが得意でない子や、学校で疲れてヘトヘトになっている子、思春期・反抗期真っ只中の子もいるでしょう。

 

理由はわかっていても

「親として、もう少しあなたの情報が欲しいのよ~。」

という方も多いのでは?

 

帰宅後の子供にポンポン質問を投げてしまうのは気が引けるし、

思春期・反抗期の最中だと、よけいに煙たがられる可能性も。

どうにか子供たちが自ら話してくれると、

いろいろ不安も吹き飛ぶんだけどなぁ……

 

そこで私は、

「子供が帰宅後、自分から学校の話をする習慣づけをしてしまおう!」

と考え、幼いころからトレーニングを始めました^^

 

親子の会話を増やすコツ5つ

「子供が学校の話をしてくれない……」と悩むあなたの参考になれば嬉しいです。

 

 

 

簡単に答えられるような質問をする

 

f:id:B_kachan:20210502232932j:plain

子供に話しかける時に、「今日は学校どうだった?」

というような、大雑把な質問の仕方をしていませんか?

 

「子供が学校や幼稚園の話をあまりしてくれない…」と悩んでいたママ友たちに話を聞いてみると、このパターンが多い印象です。

 

そんな方には、こんな会話がおすすめですよ^^

 

今日はどんなことをして遊んだの?

みんなでサッカーをしたよ♪

誰と同じチームだったの?

◯◯君と、◯◯ちゃんと、あ、僕はゴールキーパーだったよ。

 

まだ会話が上手にできない年齢の子供たちに

「今日は幼稚園どうだった?」と質問してしまうと、

子供たちは、

どこから話せばよいのか、何を話せばよいのか、

わからなくなってしまいます。

 

質問に対して「答えは◯◯」と簡単に答えられるようにしてあげる

会話が楽しくなって、もっと話し出す子供もいるかもしれません。

 

今日の給食は何が一番おいしかったの?

ハンバーグが美味しかったよ♪

他にどんなメニューがあった?

ごはんとじゃがいもと… 人参が入ってたよ。

 

最初のうちは大人がサポートをして、

子供から情報を引き出してあげられるといいですね!

 

会話時間を習慣化する

f:id:B_kachan:20210502233456j:plain

私は子供たちの帰宅後の時間を特に大切にしていましたが、

今は共働き世帯が多く、夕方に時間がとれない家庭もありますよね。

 

夕食時に話をするとか、週末にゆっくり時間をとってみるとか

そのご家庭にあった時間帯で習慣化できると良いと思います。

 

共働き世帯だったら、どういう時間がいいのかなぁ?

 

我が家は、子供たちが幼稚園に通っている時から、

帰宅後に話を聞く習慣をつけていたので、

今でも帰宅後すぐ、子供たちがベラベラと自由に話し始めます。

 

それが子供たちの休憩時間(リラックスタイム)になっていて、

おやつを食べながらある程度話をすると、さっと切り替えて宿題を始めます。

 

こんな感じでうまく習慣化できると、生活にメリハリができますよね。

ここ!という時間帯を見つけることがポイントかもしれないですね^^

 

甘い物でつる

f:id:B_kachan:20210502232758j:plain
小学校高学年になってくると、だんだん会話が減ってしまう子供もいるでしょう

学校でストレスを感じることが増えるのか、

我が家のOねーちゃんもムスッとしてなかなか話をしない日もありました。

 

そういう時こそ何があったのか気になりますが、

無理に聞いてはいけない気がしますよね…

 

私はそういう時、美味しいおやつの力を借りました^^

これ、女の子には効果絶大ですよ~♪(我が子だけかな?w)

 

子供と一緒に甘い物を食べて、胃袋をつかみましょう♪

「このお菓子美味しいね~」とかいいながら話しかけてみると

何か話してくれるかもしれないですよ^^

 

ゆったりした気持ちで同じテーブルに座って、美味しいものを食べていると

子供の気持ちもリラックスして、イガイガした気持ちがおさまるかもしれません。

 

こちらのCMは知っていますか?

思春期の子供とうまく話ができないと相談された時、紹介している動画です。

youtu.be

いろんな親子の会話の仕方がありますね^^

 

私はいつも、15時のおやつタイムを利用していました。

うちの子供2人とも、効果絶大です(笑)

 

一緒にお風呂に入る

f:id:B_kachan:20210218210133j:plain

子供が高校生ぐらいになると、帰宅時間がどんどん遅くなって、

一緒に過ごす時間が想像していたよりぐーーーんと減りました。

なかなかゆっくりと話を聞いてあげられるような時間がなくなってきたので、

ちょっとでも娘の話を聞こうと、一緒にお風呂に入ることがあります^^

 

私が湯船につかっている間に、娘が入ってきて体を洗う……

時間にすれば15~20分くらいのことですが、

「今のクラスどう? クラスのグループLINEとかやっぱりあるの?」

「担任の先生ってどんな感じ?」

「クラスで予備校行ってる生徒ってどのくらいいるの?」

こんなことをきっかけに、次から次へと話が広がっていきますよ。

 

親のほうから話をしてみる

f:id:B_kachan:20210502232623j:plain

子供が話さないのなら、親のほうから話してみませんか?

 

子供と少しでも話せる時間があったら、

「今日お母さんね、◯◯が学校へ行っている間にこんな本よんだよ」

「昨日お父さん、会社の人と◯◯ってお店にランチ食べに行ったんだ」

子供のお手本を見せるように、何か一言こちらから声をかけてみましょう。

子供のほうが何か返事を返してくれたら、もうけもんですね^^

 

以前ママ共にこの話をしたら

「ただぼーっとしているだけだから、何も話せることがないわ」

という人がいました。

 

それなら何か報告できるようなことをしてみると良いかもしれません。

「今日は玄関を掃除したよ」

「テレビの情報番組でさ~……」

これでいいと思いますよ^^

 

まずは会話の1~2往復から始めてみよう!

f:id:B_kachan:20210502233029j:plain

もともと性格的におしゃべりが苦手な子供がいるように、

親にもおしゃべりが得意じゃない人はいますよね。

 

「私も子供のころあまり親に話さなかったな……」

思い当たる人はいませんか?

 

今日明日いきなりおしゃべり上手な親子にはなれませんが、

少しずつトレーニングすることで習慣をつけることはできます。

 

長い時間をかけて、たくさんしゃべろうとしなくても大丈夫♪

毎日少しずつ会話することが習慣になれば、

自分から話をしてくるお子さんもたくさんいるでしょう。

 

ぜひ、できることからやってみてくださいね^^

 

では今日はこのへんで

あなたにも幸せの種が見つかりますように☆彡